月: 2019年6月

積読報告

机の上には実に面白くない本が2冊ある。(と言っても、あくまでも主観の問題であるが)藤沢周平の「白き瓶」と久保田竸著「手と脳」である。 「白き瓶」は2年前にブックオフで同著者の他の2作とともに買った文庫本の一冊で、他の2作 …

積読報告 もっと読む »

でくのぼうではなく

繋がっていたいと思われる人になりたい。 それは、金を持っているからとか権力を握っているからとか肩書きがカッコイイからとか便利に使えるからとか見栄を張れるからとかという理由ではない。この世の人間関係はおおよそそのような繋が …

でくのぼうではなく もっと読む »