Turning 58

ニューヨークは今年初のスノーストームに見舞われている。

今年初と言っても、去年はほとんど雪が降らなかったから2年ぶりと言ってもよい。ワンシーズンで平均25インチの雪があるところ、去年は何とたったの5インチだったそうだ。今回のストームでは1フィート以上の積雪が見込まれているので、去年の基準を一晩ではるかに超える見込みである。昨日の夕方から降り始めて午前9時現在もまだ降り続いているが、朝方から小降りになったためか予報の1フィートには明らかに届いていない。しかし、風が結構強いので雪が吹きだまってしまっているところがあり、そんな場所では1フィートくらいは積もっている。

ストームの影響なのか、今朝からBプロパティーの下水タンクの汲み出しポンプが動いていないとの情報が入った。今年の夏の大停電の時のように「下水に水を流すな」という指示が来た。停電のためなのかポンプが壊れたためなのか定かでないが、K-House の電気は今の所止まっていない。しかしメインハウスの一部は停電しているという。あくまでもプロパティーの中の問題なのかも知れない。

そんな状況の中で僕は58歳になった。

奇しくも誕生日が雪かきづくめの一日になったわけだが、シーズンオフに入って以来、鈍っていた体を久しぶりに動かしたためか、心身ともに不思議と爽快である。午後には嘘のように嵐が過ぎ去り綺麗な青空が広がった。雪の白は他のどんな白よりも白く「こんな美しい色がこの世界にあったのか」と思えるくらい感動した。「これって、もしかしたら神様からの誕生日プレゼントなのかもしれないな」と僕は思った。僕の予感が正しければ、人生における新しいフェーズをこれから確かに迎えることになるのだろう。その門出を天は祝福してくれているに違いない。そう思えるほど、今日、僕の目に映った風景は美しかった。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。